青ヒゲの辛い悩みの解消法 ※脱毛以外の方法はない!※

 

青ヒゲの辛い悩みは尽きません。
一度、気になり始めると、血が滲むくらい深剃りするなど徹底的なセルフケアしている方が多いと思います。

 

青ヒゲの対策は、クリームやローション、自抜き、日焼け、メイクなど、いろいろな方法が紹介されている。
ですが、青ヒゲの辛い悩みを根本的に解決するには、永久脱毛だけなんです。

 

このページでは、青ヒゲ男子が気になる女子ウケのことや青ヒゲに関する辛い悩みのこと、脱毛で解決する方法をご紹介していきます。

 

青ヒゲが目立つのは、剛毛男子と色白男子

 

 

 

青ヒゲが目立つのは、剛毛な方、色白な方が顕著です。
感じ方はもちろん個人差ありますが、青ヒゲが一度気になり始めると、居てもたっての居られないと思うんです。

 

“ ある日突然 ”青ヒゲが気になり始めたあなた。
昨日まで鏡を見ても気付かなかったのに。。。。

 

おかしい。今日は妙に青ヒゲが気になる。
青ヒゲ男子の潜在的な悩みが顕在化された典型的なケースです。

 

ヒゲを伸ばすことで、青ヒゲは多少目立たなくなりますが、どうしても清潔感が欠ける。
そもそも、『 ヒゲを伸ばすことができない 』という方の方が多いのが現実だと思うんですね。

 

俺は、綺麗にヒゲを剃っているのに、どうして青ヒゲが。。。
『 なんとかしたい! 』
このように思いつつ、いろいろな情報を探している青ヒゲ難民が多いのが現実です。

 

 

女子が感じる青ヒゲの印象って? 綺麗に処理しないと見た目に影響も

 

・青ヒゲは汚い
・青ヒゲは不潔

 

残念ですが、事実です。20代の女性はヒゲの処理が甘い男子には手厳しい意見を持っています。
青ヒゲは、綺麗に処理すれば、多少イメージを改善することはできます。

 

ただ、ヒゲに関して好き嫌いは二分化しているのが現実です。
“ 俺、青ヒゲ目立つからヒゲを剃らない ”
的な考えの方、注意が必要です。

 

会社勤めをしている方、塩顔系の方にとって、ヒゲを伸ばすことは非常に難しい選択の一つ。
女子はヒゲに関して非常に敏感です。

 

事実、女子はヒゲに対して次のような印象を持っているようです。

 

 

引用:http://mens-skincare-univ.com/enquete/article/006205/

 

● 不潔・・・56%
● 臭そう・・・3%

 

女子がヒゲに関して抱いているイメージです。
青ヒゲとは直接関係ないようなアンケートですが、ヒゲに関して全体の約6割の女子がマイナスのイメージを持っていることがわかります。

 

ヒゲ = 青ヒゲ

 

この印象は拭えないので、ヒゲを綺麗に保つことは必要だと言えるでしょう。

 

 

青ヒゲは女子ウケが悪いという事実

 

深刻に青ヒゲのことを悩んでいる方は、他人の視線を気にされている方が多いです。
特に、“ 女子ウケするか? ”は永遠のテーマかと。
QAサイトや口コミサイトでよく見かける、“ ヒゲの女子ウケ ”について調査したデータがあるので紹介します。

 

 

引用:http://release.center.jp/2010/06/2101.html

 

● ヒゲを素敵だと思わない:71%
● ヒゲを少し素敵だと思う:28%
● ヒゲを素敵だと思う:1%

 

目を覆い隠したくなるほど、痛い結果です。
青ヒゲに関するアンケート調査ではありませんが、女性が“ 無精ヒゲ ”とどのように向き合っているか切実にわかります。

 

残念な結果ですが、全体の約7割の女子が無精ヒゲを不快に感じていることが分かります。
ヒゲ処理が甘いと、無精ヒゲと言われかねないので、最新の注意が必要です。

 

 

青ヒゲに関する印象と女子ウケについて、まとめ!

 

綺麗に整えていないヒゲは、“ 女子ウケが悪い ”という事実が突きつけられた印象です。
無精ヒゲは言い過ぎですが、きれいに整えていない青ヒゲは女子の印象は“out ”と言っても言い過ぎではないと思います。

 

 

対策の一つ?抑毛ローションの存在って?青ヒゲ対策の救世主?

青ひげに悩んでいる方は、誰もが一度購入を考えた事があるのが抑毛ローション。
実際に購入された方も多いのではないでしょうか?

 

実際に購入された方。
効果はどうでした?

 

ほとんどの方が、効果を実感できず定期購入を中止したのではないでしょうか?

 

 

救世主として期待の抑毛ローション、そのメカニズムは?

 

抑毛ローションのメカニズムについて、簡単に紹介します。
購入を検討している方に、わかりやすく紹介します。

 

簡単に抑毛ローションのことを説明すると、『 毎日ローションを肌に塗るとヒゲの成長が抑制される 』というものです。
商品によって若干違いはありますが、抑毛効果が期待できる有効成分をヒゲの毛根に浸透させヒゲの成長を遅らせ、徐々に毛の太さが細くなり、ヒゲが目立たなくなるもの。

 

使い勝手が良く、メカニズムも簡単でわかりやすい。
その点が高く評価され、愛用している男子が多いもの事実です。

 

 

ローションって本当に効果あるの?

 

抑毛ローションの効果について紹介します。
他のメディアでは、『 抑毛ローションは脱毛以上に効果がある! 』かのごとく紹介してますが、これは誤りです。

 

抑毛ローションを使い続けると、毛根の働きが抑制されヒゲが生えてこなくなる

 

残念ですが、これは間違ってます。断言できます。
劇的な効果というか、小さな変化も実感できない方が多いので使わない方が得策でしょう。

 

 

なぜ抑毛ローションが効果ない?その理由は?

 

ヒゲの濃さや太さは、ホルモンバランスの状況が大きく関係しています。
体内のホルモンバランスの変化で、ヒゲの成長具合は異なります。

 

体内のホルモンバランスを均等に保つことは難しいのに、ローションなど外部からのアプローチでヒゲを薄くさせることは難しいでしょう。
抑毛効果の高い有効成分が多く含まれていたとしても、そのうちどの程度ヒゲに効果あるかと聞かれれば、疑問が残るところです。

 

ヒゲを薄くしたいなら、食生活を整えたり、生活習慣を見直しホルモンバランスを整えるのが先。
サプリメントや薬品ですら、患部にどのように作用するかがわからないのに、体外からアプローチするローションでヒゲを薄くすることなんてできないんです。

 

 

ヒゲを全部抜いたら青ヒゲの悩みは解決できる?

 

青ヒゲの原因が、皮膚下のヒゲなら、そのヒゲを全部抜いたら青ヒゲが解消される?
はい、事実です。

 

青ヒゲの原因である、ヒゲを自抜きすればもちろん青ヒゲはなくなります。
ですが、ヒゲの自抜きはとてもリスクが高いです。

 

 

リスクが高いヒゲの自抜き、副作用を考えると抜くのは得策じゃない

 

ヒゲの自抜きは、大きな副作用があります。

 

● 色素沈着(黒ずみ)
● 埋没毛
● ニキビ
● 毛穴の開き
● 乾燥肌

 

特に、深刻なのは色素沈着と埋没毛、ニキビです。
30代以上になれば、毛穴の開きも気にしておいた方がいい。

 

 

青ヒゲよりも厄介な色素沈着

 

肌の黒ずみや毛穴が赤黒くなるのは、メラニンが大きく影響します。
メラニンは、誰しもが肌の内部に持っている色素の一つ。

 

肌のターンオーバーが適正に行われている場合、体外にうまく排出されます。
循環が適切に行われているなら、問題はありませんが、このメラニンの厄介な点は慢性化してしまうことがあるためです。

 

慢性的に肌内部に残る黒ずみのことを色素沈着いい、一度慢性化すると取り除くことは難しく、ヒゲは生えてないけど、口周りの黒ずみが木になるという最悪のケースが想定されます。

 

 

埋没毛とニキビ

 

埋没毛とニキビの発生について簡単に解説します。
ヒゲを抜くと毛穴から雑菌が侵入しニキビが大量にできしまう危険があります。ヒゲ抜きでできたニキビは適切なスキンケアで症状が治まることが多いです。

 

症状が進むと大きなニキビ跡ができたりするため、ケアには注意が必要です。
ニキビと同じ、またはそれ以上に注意しないといけないのが埋没毛です。

 

埋もれ毛とも呼ばれていますが、ヒゲを抜くと稀にこの症状が現れます。
本来ヒゲは、毛穴から体外に向かって生えてくるものですが、体外に現れず皮膚内部でヒゲが成長を続ける症状の一つ。

 

ほぼ100%症状が重篤化して発見されます。
ニキビと同じような症状ですが、大きく異なる点は赤黒く鬱血したデキモノができる事。

 

このデキモノを潰すと出血やコメドの排出などが認められるため、ニキビと誤解しやすいのが一般的です。
皮膚下に生えるヒゲを抜かない限り症状は完治しないため、放置しておくと大きなシミができてしまう事も。

 

皮膚下にはえたヒゲを抜くために、皮膚を切開する必要もあるため、雑菌によるニキビの重篤化も考えられ処置には適切な対応が求められます。

 

 

乾燥肌と加齢による毛穴の開き

 

ヒゲ抜きと乾燥肌、毛穴の開きについてわかりやすく紹介して行きます。
ヒゲを剃ると肌は大きく乾燥状態に傾きます。ヒゲを抜く事も同様です。

 

肌が乾燥した状態が続くと、肌荒れやシミ、毛穴の開き、吹き出物、ニキビができやすい状態になる。
角質層に適度な水分を保つことができないと、肌の保護機能が失われ体外からの雑菌の混入を許すこととなり、肌の回復力が衰えます。

 

ヒゲ抜きで恒常的に毛穴に強い刺激を与え続けると、毛穴の収縮力が低下し年齢が20代後半に差し掛かるあたりから、毛穴の開きが顕著に現れ始める。

 

 

青ヒゲとヒゲ抜きについてのまとめ

 

30代までの男性の約7割の方が、自分でヒゲを抜いているという調査結果があります。
ヒゲを抜くと青光りしていた肌に透明感が生まれ、ヒゲ処理の負担から解放されるため、抜き続けているという方も少なくないと思います。

 

ですが、一時的な効果のためにヒゲを抜くことよりも、デメリットの方が大きいため、ヒゲを自分で抜くことはオススメしません。
一度抜き始めると、クセになる。

 

気がつけば、鏡と毛抜きを持った自分の存在に気づくことでしょう。
抜き続けると、そのうちヒゲが生えてこなくなるセルフ永久脱毛を期待している方も多いですが、自力の永久脱毛はあり得ません。

 

ヒゲ抜きは、青ヒゲ隠しの根本的な解決策とはならない。
背に腹はかえられぬ状態の場合にのみ自抜きを考えるのが理想的な選択かもしれません。

 

ヒゲの自抜きは、今抱えている悩みを即解決させたいう短期的な解決方法でしかありません。
今後も青ヒゲには悩まされることは確実で、青ヒゲ以外のニキビや色素沈着といった大きな問題を抱えることになるため、やめておいたほうが得策です。

 

 

永久脱毛が青ヒゲコンプレックス解消の秘訣

 

ここまで読み進めてくれた方は、本当の意味で青ヒゲに悩んでいる方だと思います。
青ヒゲの悩みを無料かつ、自力で解決することは難しいでしょう。

 

日焼けや化粧などの情報が飛び交っていますが、当サイトではそのようなことは一切申しません。
短絡的な対処法は複数ありますし、多少のリスクを背負うことができるなら、ヒゲを自抜きすることがいちばんの解決策になるからです。

 

・ 脱毛するのが恥ずかしい
・ お金がない
・ 時間がない
・ 未成年だから無理

 

色々な悩みがあると思うんですね。
いずれセルフケアに限界はやってきます。その時が永久脱毛の始めどきです。
特に、『 脱毛するのが恥ずかしい 』という理由で、永久脱毛をためらっている方は、思い切って一歩前に踏み出すことをお勧めします。

 

最近では、男性専用のクリニックも多く通いやすく脱毛しやすい環境は整っています。
高額に思う費用も、医療ローンなどを上手に使えば金銭的な負担も軽く脱毛することが可能。

 

もちろん、一時的な対処でしのぎ続けるという選択もあると思います。
コスメにせよローションにせよ、一定の効果を実感できても使い続けなければならないという大きなでメリとWがあります。

 

止めれば元どおり。
青ヒゲに悩む毎日です。

 

そう考えれば、永久脱毛は青ヒゲが目立たなくなる日がやってくる。
青ヒゲ気になるけど、

 

 

ヒゲ全部をツルツルにはしたくない

 

という悩みがあるのもわかる。
そんな方は、残したい部位のヒゲを残せばいい。

 

あごヒゲだけ残して、あと全部脱毛。
鼻下のヒゲだけ残して、全部脱毛。

 

『 全体的に薄くなればいいんだよな! 』という方は、最初から思い切ってヒゲを全部脱毛することをお勧めします。
ヒゲを全体的に薄くすることは物理的に困難なこと、ヒゲが薄くなり始めれば『 このまま最後まで 』と思う日は必ずやってきます。

 

 

青ヒゲの悩みを解決するために必要な時間は、半年から1年。
脱毛の回数は、3~6回( 個人差あり )くらいです。

 

無論個人差はありますが、初回の脱毛終了後から『 青ヒゲが気にならなくなる 』という方もいます。
ヒゲにコンプレックスを抱えてい方、本当に青ヒゲをコンプレックスに感じ、充実した日常生活を過ごすことができていない方。

 

その悩みは、永久脱毛が解決の手助けとなってくれることと思います。
まずは、カウンセリングから初めてみましょう!

 

永久脱毛で、青ヒゲの悩みを解決する3つのクリニックはこちら!

オススメの脱毛クリニック

ゴリラクリニック公式サイト
ゴリラクリニック
業界No.1の脱毛器数!平日夜の予約が取りやすいメンズ専用脱毛クリニック