ヒゲの永久脱毛を自宅でチャレンジ!家庭用脱毛器の欠点とデメリット

自宅でヒゲを永久脱毛するのは無理? メンズエステやクリニックに通うのが恥ずかしかったり、ヒゲそのものを見られることに抵抗あったり、そもそも時間がないなど。

 

自宅でヒゲが綺麗に脱毛できないかと考えているの少なくないかと。

家庭用脱毛器の性能向上で魅力的に見えている方も少なくないですが、欠点やデメリットはあなたが考えている以上に多いです。

 

 

自宅でできるセルフケア、デメリットは意外に多い?

 

普段、四苦八苦しながらヒゲを処理している方が多いかと。ヒゲのセルフケアのデメリットや欠点を一つずつ整理してみましょう。

 

ヒゲ処理の鉄板!カミソリ使ったヒゲの処理

 

鉄板のヒゲの処理は、やはり毎朝晩カミソリでケアすることでしょう。カミソリや電気シェーバーも手軽に入手でき、「 ヒゲはカミソリで剃るもの 」という考えもあり、この方法で手入れする方は圧倒的に多いです。

ですが、ここで問題が。どんなに高性能なカミソリや電動シェーバーで丁寧に剃っても、毛根まで届きません。

皮膚下に残ったヒゲが透け青く見えたりするのが難点です。

特に、青ヒゲに悩んでいる方は、できるだけ綺麗に処理したいため、深剃りする傾向が強いです。

必要以上に力が加わったカミソリでヒゲを処理することで、肌は大きなダメージを受けています。

カミソリ負けの原因、傷ついた肌から細菌が侵入すると毛嚢炎を引き起こすことも。

最悪の場合、大きな傷が残り出血や赤く腫れ上がったりするケースもあり、薬の力を借りて治さないといけない状態になる場合もあります。

 

 

意外に多い? ヒゲを自分で抜いている方も

 

30代までの男性の方で、約5割の方がヒゲを抜いた経験があると言われています。ヒゲを抜くことは、一見ヒゲが綺麗になり数日間はヒゲ処理の負担が楽になるのため、『 ついつい抜いてしまう 』という方も少なくないでしょう。

無敵のように感じるヒゲ抜きですが、ヒゲを剃る以上に大きなデメリットがあります。

『 毛嚢炎ができる 』『 シミができやすい 』『 毛穴が大きく開く 』『 埋没毛 』など、ヒゲの処理を楽にする以上にリスクが高いです。

最悪の場合、埋没毛で鬱血し大きな傷が残り将来とても後悔することもあります。

 

 

ヒゲを溶かす除毛クリームを使用する?

毛を溶かす除毛クリームを使っているという方や、使うことを検討している方も少なくないかもしれません。

肌に直接塗り毛を溶かしため、肌を保護する成分が含まれていますが、『 顔NG 』という商品がほとんどです。

無理やり使用すると、肌のつっぱりや乾燥肌、肌荒れなどの症状を引き起こすことも。

そもそも、ヒゲが溶けていない。。。ということも考えられます。それだけ、ヒゲは固く太いです。

もちろん、除毛クリームは肌表面の毛を溶かす働きしかなく、毛根への働きかけはありません。

顔に使える商品だとしても、手間も費用もかかり一次的な処理となり、カミソリなどでヒゲをケアする方が効率的です。

 

 

自宅でヒゲの永久脱毛、家庭用脱毛器の存在があるじゃないか!

 

ヒゲ処理に限界を感じ始め、クリニックに通えない人が考える苦肉の策で家庭用脱毛器の購入を考える方が増えています。

実際に、家庭用脱毛器でお得にヒゲ脱毛できるのかおさらいしてみたいと思います。

 

 

家庭用脱毛器でヒゲを永久脱毛することは可能?

 

ヒゲの事故処理のようなデメリットは少なく、自宅で簡単に脱毛効果が得られると言われる家庭用脱毛器。商品紹介や口コミ通りヒゲを脱毛できるなら、恥ずかしい思いをせず、自宅で気軽に永久脱毛できるかも!と思いがちですが、、実は想像以上にデメリットの方が多い。

 

 

家庭用脱毛器は異常なくらいコスパが悪い!

 

やはり値段は注意しないといけないところです。まず、最低限抑えておきたいのが、脱毛器の値段が安くなればなるほど性能が劣ること。高額な商品は高性能ですが、低価格なものは購入すらためらうものが多いです。

一方で、高額で高性能な脱毛器も『 カートリッジの交換 』からは避けて通れません。いわゆる消耗品と呼ばれるものです。

基本的にカートリッジは使い捨てで、常に新しいものを用意しておく必要があります。

“ 1つのカートリッジで何万発も打てる ”という商品もありますが、ヒゲは脱毛器で1度処理したくらいでは脱毛できません。

同じヒゲに何発も打たないといけませんし、正直どこまで効果があるかもわかりません。

効果を実感できないまま、カートリッジ代が永遠と追加される。

気がつけば、クリニックの脱毛よりも高額になっていた( ;´Д`)、ということも十分に考えられます。

 

脱毛器のパワーはエステよりも弱い!

 

家庭用脱毛器の最大の弱点は、パワーが極端に弱いということです。メンズエステで永久脱毛ができないのに、家庭用の脱毛器で永久脱毛ができるはずがありません。

ヒゲの永久脱毛は、脱毛器のパワーが大きく関係しています。肌トラブルのことを考えなければ、パワーが強ければ強いほど脱毛の効果は比例します。

家庭用は所詮家庭用です。仮に効果があったとしても毛根を死滅させることはできず、脱毛器を使い続ける必要があるというデメリットがあります。

 

家庭用脱毛器でも痛みはある!思っている以上に痛いです

 

質の高い商品ほど非常に大きな痛みを伴います。脱毛は痛みとの戦いと言っても良いでしょう。

『 冷やせばなんとか脱毛できる 』という方もいますが、ヒゲの場合は限界があります。

痛みに耐えられず購入しても継続できない、パワーを下げて脱毛するなどが考えられます。

エステの脱毛機よりも性能が劣る脱毛器で、パワーをさらに下げると…もちろん効果はありません。

 

脱毛器はとにかく回数と時間が必要

家庭用脱毛器の一番の欠点は、回数と時間がかかることです。クリニックの脱毛でも最低1年くらい時間がかかります。

では、脱毛器では… 何年かかるかわかりません。それまで脱毛器が正常に動いてくれる保証もないんです。

さらに、これまで挙げてきたようなデメリットが毎回続くことを考えると、それだけでストレス。

せっかく高いお金を出して購入しても、途中で放棄した… という方も少なくないのが現実。

ちなみに、脱毛器を購入するお金があるなら、もう少し貯蓄しクリニックの脱毛に挑戦することの方が得策です。

脱毛器を購入できるなら、もう少しだけ勇気を振り絞ってプロに脱毛をお願いしましょう。

 

 

プロに脱毛してもらう大きなメリットは?

 

家庭用脱毛器と比べると、クリニックの脱毛は出力が圧倒的に高いです。もちろん、1回1回感じる効果にも違いがあります。

クリニックの脱毛は、家庭用では体感できないほどの効果があります。

クリニックの永久脱毛は、どうしても値段が高いという印象が強いですが、今ではぐっと値下がりし比較的安価な価格で脱毛に取り組めます。

なかには、脱毛器と同額もしくは安価な価格で脱毛できるクリニックもあるくらい。

家庭用脱毛器の最大の魅力は手軽に始められること。

クリニックの脱毛は効果と料金以外の付加価値が高いのが魅力です。

 

クリニック脱毛で美肌をGet? 代謝アップで美肌効果促進

 

肌に医療レーザーを照射することは、脱毛効果を促進する一方で肌の代謝をアップさせる効果が期待できます。

ヒゲの処理は、肌を傷つけ皮脂や古い角質がこびりつき、目に見えない大量のシミで覆われています。

 

レーザー脱毛機から照射されるレーザーは、毛根だけではなく肌に蓄積されたメラニンにも大きく働きかけます。皮下には毛根以外にもシミの原因となるメラニンが大量に含まれているため、これらのメラニンにレーザーが強く反応しくすみや黒ずみが解消され、綺麗な肌になります。

 

皮下のメラニンが減少すると、肌の奥底まで熱が効率よく伝わり代謝もアップします。そのため、肌のターンオーバーが適切な状態に戻ります。

もちろん、脱毛でヒゲが薄くなり、ヒゲ剃りの回数も激減。肌を傷つけることがなくなるため、美肌を維持することができるようになります。

 

脱毛時の痛みを大幅に軽減

 

ヒゲ脱毛は強い痛みがあると言われています。家庭用脱毛器ではコントロールすることができなかった脱毛時の痛みも、クリニックの脱毛なら大幅に軽減させることができます。

上でも触れましたが、脱毛の効果を最大限発揮するんびはレーザーの出力を高めることが重要。当然、レーザーの出力を強くすれば、その分痛みは増加します。

 

クリニックの脱毛では、積極的に麻酔を使うことで施述時の痛みを管理することができます。

最近では、痛みの少ないメディオスターやIPL脱毛などを積極的に用いて痛みを取り除くことができます。

 

火傷の恐れは必須!クリニックの脱毛は適切かつ迅速な対応が可

 

脱毛は火傷のリスクが常に付きまといます。家庭用の脱毛器でも同様です。クリニックの医療脱毛は施述前後にプロによるケアが徹底的に行われます。

自宅でのケアの方法の指導もあり、必要に応じて薬の処方もあり安全かつ安心です。

クリニックの脱毛は、処方される薬など必要経費は全額費用に含まれているケースが多いのが現状です。

クリニックの医療脱毛は、これらメリットを総合的に考慮してもコスト以上のリターンを見込めることが期待できる脱毛です。

 

最後に、自宅かつ自分でできるヒゲ脱毛には限界がある!

 

自宅で自由な時間に誰の気兼ねもせずにヒゲの処理ができるのは安心かつ魅力的に思えます。自己処理の方法は山ほどありますし、自分で試行錯誤してヒゲを綺麗にしようとしても、かえって面倒な手間があったり時間がかかったりと思うほどの効果があるとは限りません。

 

それらを解決するために購入した脱毛器も回数を重ねるうちに思っていたような効果が得られず不安や疑問を感じ始めます。

脱毛器は、カートリッジの費用などメンテナンスにかかる費用は思っている以上に必要です。

ヒゲ脱毛では、費用面に釣り合った効果を得ることはまずあり得ません。

 

結論。クリニックでプロの施述を受ける方法が、結果的に有効な方法だと言えることができます。

オススメの脱毛クリニック

ゴリラクリニック公式サイト
ゴリラクリニック
業界No.1の脱毛器数!平日夜の予約が取りやすいメンズ専用脱毛クリニック