問題解決

ヒゲ脱毛は本当に痛い?痛みの体験と軽減の方法

 

痛いと噂のヒゲ脱毛。
トライしてみたいけど、『 どんな痛みなのか? 』『 どれほど痛いのか? 』気になって躊躇されている方も多いと思います。

 

 

ヒゲ脱毛は痛いです、ただ。。。

 

はっきりと言います。ヒゲ脱毛は、痛いです。
痛みの感じ方と脱毛方法、脱毛器によって感じる痛みの種類は違います。

 

 

痛みレベルのランキング

 

脱毛方法によって感じる痛みのレベルは次のようなランキングで表せることができます。

 

  1. ニードル脱毛( 電気美容脱毛 )
  2. 医療レーザー脱毛
  3. フラッシュ脱毛

 

また、部位によって感じる痛み肩にも違いがあります。

 

  1. 鼻下
  2. あご
  3. 頬・もみあげ、顎下

 

 

ヒゲ脱毛の痛みを例えるなら、一体どんな痛み?

 

ヒゲ脱毛は痛いと一言で言われても、どんな痛みかは分かりにくいと思います。
例えるなら、

 

  • 太い輪ゴムで弾かれたような痛み

 

です。私が体験したのは医療レーザー脱毛です。
脱毛を繰り返し、ヒゲが薄くなることで痛みは軽減されます。

 

どこまで我慢できるかは、実際に体験してみた方が良いと思いますが不安なら、麻酔を積極的に使う方がストレスなく脱毛できるでしょう。
ただ、麻酔はサロンやエステの脱毛では使えませんので、注意が必要です。

 

 

ヒゲ脱毛が痛い理由

 

ヒゲ脱毛は、メンズ脱毛の中でも比較的痛みが強い部類に入ります。
では、

 

なぜ痛いのか?

 

です。

 

 

毛が濃く密度が高いから

 

ヒゲは、体毛の中で最も濃く密度が高い傾向があります。
体毛の中でも毛根の場所が深いため、脱毛器の出力は強くなる傾向にあるからです。

 

 

顔の皮膚は薄いから

 

顔周辺の皮膚は他の部位と比べると薄いのが特徴です。
普段から強い刺激を受けることが少ないため、脱毛のような強い刺激には弱い印象があります。

 

 

多くの神経が通ってるから

 

顔には数多くの神経が通っています。脱毛器の強い刺激に敏感に反応し痛みを強く感じるケースが多いです。

 

 

痛みのない無痛脱毛はありえない

 

痛みに弱い方には、無痛脱毛が理想的だと思います。
ただ、ヒゲ脱毛を無痛で行うことはまず難しいです。

 

麻酔を使えば、痛みの軽減は期待できますが。

 

 

痛みが少ないと言われるメディオスター

 

ヒゲ脱毛の痛みが比較的少ないと言われるのがメディオスターです。
痛みを感じることが少ないならメリットばかりですが、実情はそんなことはありません。

 

注射が苦手の私も実際体験してみましたが、やはり痛いです。
ただ、我慢できない痛みではないですが、麻酔があれば楽に脱毛できる感じです。

 

個人的には、ヤグレーザーの方が楽に脱毛できました。
痛みは、メディオスターの方が楽に感じましたが、メディオスターの連続した脱毛の施術は耐えられませんでした。

 

 

ヒゲ脱毛の痛みは効果の証明?

 

ヒゲ脱毛の痛みは逃れようがない症状の一つです。
医療脱毛なら麻酔を使って痛みを軽減する方法もありますが。

 

痛みの感じ方は、どうしても個人差あるのですが一つ言えることは

 

効果

 

です。
ヒゲの脱毛は、メンズ脱毛でも痛みのレベルは上位に入る脱毛です。

 

  • 痛くない
  • 痛みが少ない

 

という脱毛は、効果がほとんど期待できないくらい出力が弱い可能性も。
効果的にヒゲを脱毛するなら、痛みとの上手な付き合い方が必要です。

 

 

クリニックのヒゲ脱毛は痛い?

 

よく耳にする相談は、

 

  • ゴリラクリニックのヒゲ脱毛は痛いですか?
  • 湘南美容クリニックのヒゲ脱毛は痛いですか?
  • メンズ・リゼのヒゲ脱毛は痛いですか?

 

ヒゲ脱毛で感じる痛みの種類は、

 

  • レーザーの出力
  • 脱毛器の種類

 

によって、違いがあります。
脱毛器とレーザー出力が同じなら、クリニックごとの痛みの違いはないと考えるのが普通です。

 

脱毛時の体調の違いは痛みを感じる大きな要因となりますが。
クリニックの脱毛で痛みを軽減するマストの方法は、

 

麻酔

 

です。
ただ、麻酔の使うには費用がかかるので注意が必要です。

 

 

ヒゲ脱毛の痛みを軽減させる方法

 

ヒゲ脱毛の痛みを軽減させる方法は、

 

麻酔を使う

 

ことです。
あと、脱毛前の体調の維持や改善に努めるのも効果的な方法。

 

  • 肌の保湿
  • 飲酒を控える
  • 睡眠不足の解消

 

など、考えられることは多いです。
ただ、効果的なのはやはり麻酔の積極導入でしょう。